真空ポンプの利用法

今回は真空ポンプの利用法についてお話させていただきます。
まずは真空ポンプの原理について簡単に説明させていただきます。
真空ポンプは空気の入ったある容器に接続し、その空気を排出することで容器の中を真空にする装置です。そして容器の中を真空にすることで容器の内外に気圧差が生じ、その気圧差によって気体を吸い込んだりすることができます。
上記のような原理により真空ポンプはいろいろな用途に利用されています。以下にいくつかの例をご紹介します。
まずは真空ポンプの吸引力が利用されます。例えば、医療機器では歯科での歯の治療時に唾液を吸引したり、歯を削ったものを吸引したりします。また、食品の真空パックに利用されます。食品と酸素との接触を遮断することで酸化を防止することができます。
もう一つは吸着力が利用されます。例えば、工場でガラスなどの壊れやすいものを吸着させて運ぶ時に利用されます。
以上のように真空ポンプはいろいろな場面で利用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です